So-net無料ブログ作成

7/29 スパイニーアックスとテンタクローラーで攻める印旛水系 [釣果報告]

最近ネコリグに開眼してしまった爆釣王Tさん。ただでさえ釣る人がそんな釣り方を多用したらそりゃますます釣れちゃいますよね。印旛水系だろうとお構いなしで釣りまくりです。

印旛水系 2019年7月29日(月) 天気:晴れ 気温:30℃ 水温:?℃ 風:1m 水位:満水 水色:マッディー、アオコ

 暑い日々が続きますが印旛水系に行ってみました。朝のプライムタイムは『コロットSR』でアシ際をウェイキングさせるとすぐにモンドリアンバイト!!

190813-1.jpg
 
 しかし全体的に水が悪く、アオコと泡ブクまみれです。。そこで時間的にはまだ早いですがメインに考えていた『スパイニーアックス』のネコリグにシフトします。すると水のいいエリアでポツポツとヒットが続きます!

190813-2.jpg
190813-3.jpg
190813-4.jpg

 『スパイニーアックス』は小振りなワームですが、考えてみたら水郷エリアに長けたIKE-Pさん作だけあって印旛沼でも強いわけですね!

190813-5.jpg
190813-6.jpg
190813-7.jpg

 最近は『スパイニーアックス』のネコリグがお気に入りでしたが、そういえば梅雨時はテナガエビ食いのバスに『テンタクローラー』がやたら有効だったのを思い出しました。もう時期的に遅いかな!?と思いつつ、トップライトになりさらにシェード部分が狭くなったこともあり試してみると・・・

190813-8.jpg
190813-9.jpg
190813-10.jpg
190813-11.jpg

 やはり釣れちゃいますね!!今回釣れた魚の喉奥からもテナガエビの髭が覗いているやつが6本釣れましたので、今時期でもメインフードになっているのかもしれません。でも『テンタクローラー』は一年中よく釣れるワームなので、テナガパターンなのかどうかは謎ですが(笑)

190813-12.jpg
190813-13.jpg
190813-14.jpg

 『スパイニーアックス』は『毛力』によりスローフォールするのでネイルシンカーは1.3g~1.8gのものを主に使いましたが、『テンタクローラー』はアシ周りに投げても時々アシに腕を絡ませつつもスリムなのでスッとフォールしてくれるため0.9g~1.3gのシンカーを使いました。

190813-15.jpg
190813-16.jpg
190813-17.jpg

 使い方は簡単!アシ際やアシの天井に落とし、ちょっとステイ後軽くラインを張らず緩めずでわずかにピンテールを揺する程度でOK!これを数回繰り返したら次のキャストに移ります。たったこれだけのことでラインが横にス~ッと走るはずです!もし動かして使いたかったりモアアピールが欲しければ、より水押しの強い『スパイニーアックス』を使ってもいいかもしれませんね!

190813-18.jpg
190813-19.jpg
190813-20.jpg

 昼を過ぎ暑さに耐え切れなくなったところで終了。半日の釣りでしたがまずまず釣ることができました!印旛のバスは泳ぐスピードも早くパワフルで、驚くほど引いてくれるので今回も楽しむことができました!

本日 ラージ:40以下×18本

印旛水系=アシ、使うワームはクローだとかパドルといったイメージがありますがストレートワームでももちろん釣れます。アシ奥を撃つのはきついですがアシ際、矢板際などであればむしろそちらの方が有効でしょう。特にエビ類を捕食している時期であればドンピシャと言ってもいいかと思います。昔は4インチストレートワームを扱うタックルというとスピニングでしたが、今はベイトフィネスタックルで扱えるのでオープンウォーター以外のフィールドでも使えるようになりました。

スパイニーアックスはフォールでもアクション時でも強い水押しで濁りの中でもすっかりアピールできるのが最大の武器。テンタクローラーはシルエットと脚の動きで誘えるのが武器となります。それぞれの特徴を生かした上でチョイスしてもらえたらと思います。


(テンタクローラーアクション動画 by Tさん)


(スパイニーアックスアクション動画 by Tさん)

gill-bf.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。