So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

11/16 佐野市災害ボランティア [災害ボランティア]

自分から「やります!」と申し出たことはありませんが、最近は年齢的な面や災害ボランティアの経験値からグループのリーダーを任されることも多くなりました。今日もそうでした。

191116-1.jpg

佐野市災害ボランティアセンターでは新しくネームが用意されていました(以前は布テープにマジックで名前を記して衣服に貼っていました)。左上の数字が佐野市内でのボランティア活動の回数を示します。こりゃ、これからますますグループリーダーやらされることになるな(汗)。

本日は7名のグループを組まされました。グループ内には70歳過ぎの高齢者もいましたし、女性も2名。無茶はさせられないし、ましてや怪我なんて絶対させられない。グループリーダー、まぁまぁ気を使うんですよ・・・でも皆さんキビキビと良く働いてくれる人達で本当にありがたかったです。

今回訪問したお宅では庭先の泥出しを作業させてもらいました。泥の堆積自体は特別深いとは思いませんでしたが、いかんせん敷地が広かったためかなり膨大な量の泥を片付けることとなりました。

床下浸水したとのことでしたが、まだ床板を外して床下を確認していないとのこと。泥が溜まっていたら出さなくては駄目ですかね?消毒もしなくては駄目ですかね?とかなり不安を感じていたようでした。

もし床下に泥が積もっていたら取り除かなくてはいけません(でないと家の中の湿気が抜けずにカビが生えます)。そして泥を除去したら、よく乾かす。
以前はここから石灰を撒いて消毒していたのですが、その後の研究で床下や庭先の消毒はしなくていいという考えが多くなってきているようです。自分も鬼怒川の水害処理の際は石灰を撒いていた記憶がありますが現在ではそれはしない方向になっているようです。

実はこの辺りの内容に関しては佐野市のホームページにも記載がしてあるのですが、被災者の皆さんは日々の後片付けに追われてしまってそこまで細かく調べたりすることもないようです。若い人はすぐにネットで調べられるのでしょうけど、高齢者はやっぱりなかなかそこまでできません。事実、何軒かのお宅でも同じようなことを聞かれました。あまり知らないんだなと感じていたもので、自分自身でもなるべく事前に調べ、被災者の方の相談には多少なりとも乗れるようにしていました。

どうして今までボランティアを呼ばなかったんですか?と伺ったところ、他にもっと被害が酷い場所や高齢者の住居も多かったので自分達は遠慮していたと。同じようなことを何軒かのお宅でも聞きました。で、身内だけで1ヶ月も延々と後片付けに追われて疲れ切ってしまっている。
佐野の皆さん優しすぎる。自分の家が大変な事になっているのにそれよりも他の家を先にやってくれと。そういう人が多い。
大体もう1巡はしているし、複数回のボランティアが入っている家もあるし、遠慮しないでバンバン呼んで下さい!とは伝えました。自分達はこうした大変な思いをしている人達に少しでも早く以前の日常を取り戻すようにと、作業をしに来ているのですから。

191116-2.jpg

本日お邪魔したお宅は訪問した私達に物凄く気を使って下さって、休み時間のたびに飲み物や食べ物がたんまり出てきました。お昼には豚汁まで作って出してくれた。さらに帰り際には柿(庭でとれたもの)やお菓子、お茶なども渡された。そこまでしてくれなくていいのにな、と思いつつも、受け取らないのも失礼なので受け取りました。でも、物凄く感謝されている気持ちが伝わってきました。

**********

帰り道、佐野の老舗ショップであるAKSK釣具さんにお邪魔しました。AKSK釣具さんがあるのは決壊した秋山川のすぐ側になります。でも、奇跡的にほぼ無傷。台風通過の2日後には営業再開していたほどです。その辺りの詳しいお話も奥様から伺ってくることが出来ました。結果的に大した被害はなかったようですが、怖かっただろうなと思いました。

191116-3.jpg

これがAKSK釣具さんの側を流れる秋山川。普段はこんな細い流れです。

191116-4.jpg

でも下流の橋は崩落してしまいました。水の力は恐ろしいです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019-11-12 [災害ボランティア]

台風19号の上陸から1ヶ月が過ぎました。接近段階からその被害の大きさが懸念されていましたが、その爪痕は想像を超えるものでした。

水害が発生し、各地でボランティアセンターが立ち上がるとともに自分も被災地に入りました。もちろん平日は本業に従事していますが、週末は栃木県佐野市に通っていました。
それからは釣りにも全く行っていない。遊びにも出掛けていない。でもそれは自粛とは違います。自分自身がとても遊びに行く気になんてならないのです。目の前にある光景を見れば、今はそれどころじゃないということくらい一目でわかる。

被災直後に比べれば街もだいぶ綺麗になりました。とはいえまだあちこちに土嚢が積まれており、道路では砂埃が舞い上がる。住宅地に目を移せば、未だにスコップ片手に泥出しに励む住民の姿があちこちに見られる。この地域に住む人達はこの1ヶ月、ただひたすらに泥出しや掃除に追われてきたはずです。「一晩で生活が地獄に変わってしまった」と訪問先の人が私に話してくれました。

佐野市は栃木県内では最もボランティアの人数が集まった場所です。それはきっと報道で目にすることが多かったことも一因でしょう。秋山川の決壊場所は橋のすぐ側でした。だから決壊現場の間近で撮影が出来た。秋山川の堤防が決壊し、そこから川の水が住宅地に流れ込む光景は多くの人が映像で目にしたことでしょう。

だから佐野の水害は秋山川の堤防決壊が原因だと思っている人も多い。でも実際はそれだけではなく、市内を流れる幾つかの小規模河川も溢れており、それによって床上浸水となってしまった家も多い。さらに山間部では土砂崩れも起きている。

災害ボランティアは訪問先での写真撮影が禁止されていますのであまりSNSなどでも現時点での被害状況が拡散されることがありません。今ではすっかり報道も少なくなり、世間からは忘れ始められているでしょうし、もうだいぶ復旧が進んだものと考えている人もいるかもしれない。でもそれは間違いです。

191112-1.JPG

この写真は11/10時点で撮影され、佐野市社会福祉協議会のホームページに掲載されていたものです。車が半分埋まってしまっていますがもう一ヶ月近くも手つかずだったことが伺えます。しかも泥というより大量の石に埋まっていることがわかります。
その後、ボランティアによって大量の石と泥は取り除かれ、車を車庫から移動することが出来たようです。報道はされていないけれど、未だにこんな状況の場所があることを知って欲しい。

佐野市では高齢者の住居を優先してボランティアの派遣を進めました。ニーズに対してボランティアの人手は不足し、だいぶボランティアの訪問待ちをしたお宅もあったようです。
現在では、依頼を出したお宅のほとんどにボランティアが複数回訪問している状況です。但し、床板を剥がすことを後回しにしてしまったがために今になって床下の泥出しに着手するケースが少なくないようです。そして市街地だけではなく山間部にもようやく人手を回せるようになってきたようです。依然として人手は足りていません。

佐野市では約2700軒もの浸水被害がありました。そのうち床上浸水だけで1472軒もあります。が、その全ての家がボランティアを依頼したわけではなく、身内だけで、或いは近所の人達と協力し合って泥出しや掃除に取り組んできた家も多い。それで完了するならそれに越したことはないです。
でも、作業が長引くようなら躊躇せずボランティア要請をして欲しいです。床板を外した家は空気が逃げるので暖房が効きません。早く作業を終えて家を修繕しないと寒いままで冬を迎えることになります。

そしていつまでも大勢のボランティアが来てくれるわけではありません。ほどなくボランティアの人数も急減していくでしょう。常総市の水害の時もそうでした。さらに高速道路の無料措置が終われば県外からのボランティアはほぼ来なくなる。やがてボランティアセンターも活動終了となります。まだボランティアが大勢来ている今のうちに作業を依頼するべきです。

**********

自分が災害ボランティアとして被災地に足を運んでいることを知られた際に「頑張っているね!」「凄いな!」という言葉が返ってくるとガッカリします。その言葉の裏に、その人自身は行く気がないことが垣間見えるからです。
「自分もやってみたい」という人は残念ながら私の周りに一人もいませんね、今のところ。

1日でも早く、この地域の人達に元の生活を取り戻して欲しい。でもそれを願っているだけでは何にもならない。だから自分は今週末も、そしてその次の週末もきっと佐野で泥出しをしています。

とことんやってやるぜ!と思っています。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

11/4 佐野市災害ボランティア [災害ボランティア]

先週、体調に異変が。でも体調が悪いのかどうかが自分ではよくわからない?!
というのも、災害ボランティア活動は砂埃が飛散している中での作業なので喉を傷めることは多々あるし、不慣れな力仕事をこなしているので体の痛みやだるさも当たり前。ただ、その場合は時間の経過と共に体調も回復してくるのですが・・・

今回は体調不良でした。医者からもとにかく休めとキツく言われて1日ダウン。しかし自分の仕事が猛烈に忙しい時期に入っているため連日休むわけにはいかず無理矢理に仕事をこなし、3連休に入ったところで気が緩んでまたダウン。

でも、被災されて大変な思いをしている人達がまだ大勢いる事を思うと家で休んでなんていられねぇ!!ということで3連休の最終日には佐野市入りしました。3連休あるならせめて2日はやりたかったのですが、情けないの一言。

本日は農家のお宅に16名のチームでお邪魔しました。ボランティアの受け入れは5回目とのこと。4回もボランティア作業を受けていて今回も大人数の派遣となったのでどんな状況なのか想像もつきませんでしたがとにかく敷地が広い!家も倉庫も大きく庭や畑も広大なお宅でした。

191104-1.jpg

そして立地が何と川の横。小さな川ではありますが近年の豪雨ではこんな川でも簡単に溢れて災害を起こしてしまう。家の方に伺うと、家の中まで川になったそうで。腰の高さ辺りまで水位が上がった形跡が残っていました。

191104-2.jpg

すでに4回のボランティアチームが入っていたこともあり、床下の泥出しや家具の運び出しなどはおおむね完了しており、今回は倉庫や庭の泥出しを行いました。これでもかというほどの大量の泥を土嚢袋にひたすら詰めて撤去してきました。

ここのお宅は今回の活動でほぼ完了かな?との印象。広いお宅でしたし被害が大きい場所だったというのもあるのですが、10数人のボランティアチームが5回来てようやく1軒の作業が完了するのです。

でも、佐野市の台風19号による浸水被害は約2700軒もあるのです。栃木市に至っては14000軒近い。そりゃ終わらないわ。ボランティアが足りないとニュースなどでよく耳にしますが、こういうことなんです。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

10/26 佐野市災害ボランティア [災害ボランティア]

今日は元々イベントの仕事が入っていましたがそれがなくなったため、再度佐野市に災害ボランティアとして出向いてきました。

191026-1.jpg

6日ぶりの佐野市ですが街中は依然として泥だらけです。畑もだいぶ泥を被ってしまっており、農作物への被害も大きいと思われます。

本日出向いたお宅は元々定食屋さんを営んでいたとのことで建物の造りも独特でした。座敷があって、そこに囲炉裏がありました。店舗兼の家屋です。これまで色々なお宅で作業をしてきましたが初めてのタイプ。

床板も一枚ものとのことで素人が剥がせるものではありませんでした。ただ、浸水時の深さは20cm程度と浅く、泥の堆積がほぼ見られなかったのは幸いでした。座敷には水が達しておらず畳などもセーフ。
家主さんの依頼で囲炉裏の下の土が湿っているので掘り出してほしいとのことでした。作業は私以外の人が担当しましたが、実際に土はかなり湿っていたようです。

本日の自分の作業は水に浸かって駄目になってしまった棚や雑品を外に運び出して処分することでした。飲食店をされていただけあって店舗と納屋から大量のコップや湯呑、お皿、灰皿といったものが出てきました。大した力仕事ではありませんでしたが物量的に多く、廃棄するものとしないもの、廃棄するものに関しては燃えるゴミ、燃えないゴミ、ガラスや陶器といったものに分別する作業にかなり手間取りました。

今日は男性8名のチームで作業にあたりましたので規定時間内におおよその依頼を仕上げることが出来ました。高齢女性の方が住んでいるお宅だったので、もし身内だけで作業をしていたら半月程度は掛ったのではないかと思います。とても感謝されました。

帰り道、せっかく近くまで来たということもあってフィッシングパル佐野のM田さんを訪ねました。報道はされないけれど実はあっちの方が被害が酷い、など地元ならではの正確な情報をいろいろと伺うことが出来ました。
確かに佐野は栃木県内では最も頻繁にニュースで報道されていました。ミュージシャンや格闘家の人もボランティアに訪れ、そこでもまたニュースになりました。が、栃木県内で最も被害が酷いのは栃木市とのことで、浸水件数で見ても佐野の数倍だとか。そうこうしているうちに昨日の大雨で今度は千葉までも・・・

ちょっと先が見えないですが、当面は自分も頑張るしかありません。休みの日にしか手伝うことが出来ず、大変な思いをしている現地の方にはただただ申し訳ない気持ちです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

10/20 佐野市災害ボランティア [災害ボランティア]

釣り業界の人間がこんな事を言うものではないというのは重々承知しているのですが、今は釣りに行きたいという気持ちには全くなれない。遊びに行く余裕があるのなら困っている人達に手を差し伸べるべき時だと思う。

191020-1.jpg

本日は栃木県の佐野市に出向いてきました。ちなみに私は埼玉県民ですが埼玉県内で災害ボランティアとして活動することが出来ません。埼玉県では多くの地域が「市内在住者」に限定しているためです。佐野市は県外の人でもウェルカムな地域です。今日は全国から有志のボランティアが大勢集まっていました。

自分が出向いた場所は佐野市の旗川という地域で、佐野市の中でも冠水被害の大きかった場所です。車ごと流されて亡くなった方もいる。

18名のチームで依頼主のお宅にお邪魔しました。1軒のお宅にお邪魔するには少し人数が多いんじゃないかと思いましたが、結果的にはこれだけの大人数を以てしても泥出しの作業を終えることが出来ませんでした。庭先も床下も途方もない量の泥が堆積していました。泥を詰めた土嚢袋は200袋以上になりましたがまだまだ泥が残っていました。残念ながら3割ほどを残して時間切れ。

冠水時には1m以上の浸水があったようで1階の家具などはほぼ全滅。仏壇を傾けたところ中から大量の泥水が出てきました。大事な足であろう車も駄目になり、レッカー業者に牽引されていきました。この家には一体あと何が残っているんだろう。大事なものはほとんど失くしてしまったのではないだろうか。

このお宅は高齢のお婆さんと息子さん夫婦が住んでいるようでした。今日は親戚の人も手伝いに来ており、6名ほどで作業していました。このお宅もそうでしたし、近隣の家で作業している人達には全く笑顔がありませんでした。皆深刻な表情をしていた。
それは当たり前だろう、と言われるかもしれませんが自分が以前に鬼怒川の水害で常総市内で活動していた時はそうでもなかったです。もちろん事態は深刻なのですが、諦めがついた人や開き直った人は笑ってくれる。また、ボランティアが訪問すると少し安心するのか笑ってくれる人もいました。
でも、佐野の被災者の人達は全く笑顔がありませんでした。なかなか現実を受け入れられず、ここにきてようやく実感し始めている段階なのではないかなと思いました。

191020-2.jpg
191020-3.jpg

そもそも佐野市内でも被害が大きかったのは秋山川の西側が中心で東側はそうでもない。車で少し走れば皆がこれまでと変わらない普通の生活を送っている。どうして自分たちの地域が・・・という思いは少なからずあるだろうと思います。

自分も含め、台風19号は「あと少しで危なかった」という地域も多かったと思います。草加市や足立区も綾瀬川が氾濫寸前だった。被災者になる可能性がある人は多かった。もし冠水被害に遭っていれば多くの家財や車などを失っていたかもしれない。金額にしたら相当な額になる。それを免れたという幸運を、被災地の人に向けようと考える人がもっと増えて欲しいと心から願ってしまう。

自分如きが頑張ったところで微々たるものでしかないことは百も承知ですが、それでもまた行ける時間があったら行こうと思います。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019-10-13 [日記]

皆さん、台風19号の被害は大丈夫だったでしょうか。

191013-1.jpg

私の住んでいる場所でも付近の川が氾濫危険水位を超え、避難勧告が出されました。自分がここに住んでから10数年ほど経ちますが初めてのことです。どうにかギリギリのところで氾濫は免れましたが、あと1時間長く雨が降っていたらどうなっていたかわかりません。一部では道路の冠水も始まっていました。

一方で、各地で河川や湖の氾濫が起きており、浸水被害に遭われた方の心情を察すると言葉になりません。自分は2015年に鬼怒川が決壊した際には常総市に災害ボランティアとして足を運んでいたので、自宅が浸水してしまった後の処理がいかに大変なのかは身を以て知っているつもりです。
家具、布団、電化製品、ジュータン、畳。濡れてしまったら廃棄せざるを得ないものは沢山あります。床下は床板を剥がして泥出し・消毒をしないと家の中がいつまでたっても湿ったままで臭くなり、カビや虫も発生しやすくなります。床板を剥がすと保温が出来ませんから冷房・暖房は効きません。これからの季節だと寒くなる前に何とかしないと家の中が冷え込みます。もちろん金銭面での負担もかなりのものになります。

被災してしまうかギリギリ回避できるかの差は紙一重ですが、その結果には大きな違いがあります。財産の多くを失うか、無傷でいられるかの違いは大きい。

今回、自分はたまたま無傷でいられた。幸運以外の何物でもない。せめて被災してしまった人達のために何かをしたい、今はただそう思います。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

10/9 今日の戸面原ダム [釣行記]

パフォーマンスベイトの新作、シンクスパイダーの開発もほぼ最終段階です。最終チェックを行いたい点があり、なるべくバイト数が得られる場所でテストをしようと思い戸面原ダムに行ってきました。但し、台風15号以後の濁りは相変わらず回復してはいません。釣果も普段に比べればだいぶ落ちているようです。でも、それを差し引いてもやはり他のフィールドよりバイトは得られるでしょう。

5:30に現地に着いてビックリ!!駐車場がほぼ満車状態。ヘラは例会開催だそうですがバスアングラーも多い。今日って平日だよね(汗)?てっきりのんびり釣りができると思ったのですが甘かったです。こんなに混んでいる戸面原ダムは初めて。

まずはシンクスパイダーのテストをシカトして(笑)バンドゥクローのテキサスリグでカバー撃ち。これだけ人が多いので、手堅く釣れる場所は先に撃っておこうと思いました。

191009-1.jpg
191009-2.jpg

狙い通り、サクッと2尾キャッチ。

191009-3.jpg

戸面原ダムがバス釣り解禁したての頃、丁度こんな濁りの中の釣りだったんですよね。ライトリグや巻物は効かず、カバー撃ちが最も効果的でした。その時と同じ釣り方をしました。

シンクスパイダーに関しては、多少プレッシャーが掛かっても釣れるだろうと楽観的な予想を立てていたので後回しにしていました。が、ほどなく風がビュービューになってしまいノーシンカーの釣りが苦戦。おまけにやっぱり濁りが強すぎて反応が薄い。

191009-4.jpg

ナチュラル系ではバイトが出ず、ブラックもしくはスカッパノンでのみバイトが出ました。でもポツポツレベル。う~ん、でもこればかりはどうしようもない。上郷方面も広く見て回りましたが、水色が回復しているエリアはありませんでした。

191009-5.jpg
191009-6.jpg
191009-8.jpg

朝にバンドゥクローのテキサスリグで撃ったエリアを、今度はスモラバ+BFスイミーシュリンプのパワーフィネスで撃ち直し。何人ものアングラーが撃った後だと思いますがそれでも飽きない程度にバイトが出ました。

191009-7.jpg

MAXの41cmはスモラバを水面までピックアップした際にダバッと出ました。下顎にフッキングしています。

午後になりヘラの人達が帰り始めました。例会の終了時刻になったのでしょう。このタイミングで宇藤木方面の川筋に向かいました。最上流まで遡行するつもりはなく、途中の岩盤エリアをシンクスパイダーで攻めることが狙い。

191009-9.jpg

心なしか川筋は本湖より水の色がマシかな?とはいえ濁っていますけど。岩盤の、距離にして50m弱程度の区間にバイトが頻発するエリアを発見。流れの当たり具合が良かったのかもしれません。

191009-10.jpg
191009-11.jpg
191009-12.jpg

シンクスパイダーを沈めていくと面白いようにバイトが出ました。サイズは小さいものがほとんどだったのですが、確認したかった事項をチェック出来たので結果的には良かったです。一応、それが主目的ではあったので。

数的には15尾で終了。悪条件下でこれだけ釣れてくれれば上等でしょう。

今回の釣行、実は慌てて実現させたのです。また今度の週末に台風直撃の可能性がありますし、そうなったら房総レイクもかなりのダメージを負いそうな気がします。ボート屋さんの被害も出ないことを祈るばかりです。もちろん、自分も他人事ではありませんのでしっかり台風に備えておこうと思います。皆さんもどうかお気を付け下さい。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

9/28 狂輪波で狙う若狭湾のアコウ [釣果報告]

突然ですが、狂輪波(くるりんぱ)って秀逸なネーミングだと思いませんか(笑)?
リングリブボディーのワームなので「輪」(=Ring)を名前の一部に入れることは決めていました。でもそこから先がなかなか決まらず。それがある日突然、狂輪波という名前が天から降りてきた。
泳ぎの波動(Pulse)を表す「波」、ターゲットを狂わせる「狂」。くるりん~という響きもカーリーテールと上手くリンクしている。そして一度耳にしたら覚えてしまう言葉の響き。これ以上のネーミングは絶対にないと確信しました。自分、天才じゃないかと思いましたよ。

実は来年もオーシャンパフォーマーの新作ロックフィッシュ用ワームが発売されます。これまた凄いものが出来上がってしまっています。が、どうしても狂輪波を超える快心のネーミングが出てこない・・・。そろそろタイムリミットが迫っているので焦っているところです。また空から降りてこないかなぁ。

それはさておき相変わらず狂輪波ではアコウが好調に釣れているようです。

おもちさんからの若狭湾の釣果報告があったのですが、グッドサイズも釣れているようで嬉しい限り。

お久しぶりです。
なかなかタイミングが合わず、ご報告のできていない日が続いていました。(釣果自体は、おかげさまで根魚大将・狂輪波ともに、とっても好調です!)
この度は狂輪波のおかげで非常に記憶に残る魚と出会うことができましたので、久々の釣果報告です。

まずは一枚目。釣りをしながらふと足元を見ると、なにやら怪しい魚影が見えました。もしやと思いワームをぽちゃり。少し誘ってステイさせると……パクリ!
その一部始終が丸見えという、なんとも珍しい体験なのでした。

191007-1.jpg
28cm 狂輪波3.4インチ(05.ブラウンシュリンプ)

そんなハプニング(?)の直後、今度は遠投した狂輪波にグッドサイズがヒットです。
掛けた瞬間から良型とハッキリわかる重量感で、何度も根に潜られながらですが何とかキャッチすることができました。
40cmの壁を超えることはできませんでしたが、それでも自己最長寸。狂輪波のおかげで、忘れられない一日となりました。

191007-2.jpg
38cm 狂輪波3.4インチ(05.ブラウンシュリンプ)

すっかり舞い上がってしまい、迫力のある写真を撮影できなかったのは唯一の心残りです……!

1尾目はサイトフィッシングということになるのかな?
アコウもそうですしアカハタなども魚体の色は派手です。池で泳いでいるヒゴイなどもぼんやり見えることは多々ありますが、ハタ類ももしシャローレンジに居たら目立つんだろうなぁ、とは思いますがまさか本当に見えるなんて。

2尾目は文句なしのグッドサイズ。遠投でこんな魚を掛けたら寄せてくるのはさぞかし大変だったことでしょう。自己記録とのことでおめでとうございます!!狂輪波がおもちさんの記録更新に役立ってくれて、自分もとても嬉しいです。

gill-bandocraw.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

9/28 メバピョンピョンとクローンクローで狙う東京湾沖提カサゴ [釣果報告]

昨日は真夏のような暑さの中でのバス釣りになりましたが、さすがにそろそろ涼しくなって来るでしょう。そうなるとバス釣りにも行きたいしカサゴ釣りにも行きたいし、体がいくつあっても足らないくらいです。
が、カタログ製作に突入する時期になってくるので本業が猛烈に忙しくなってくる時期でもあります。はぁ~・・・

S野さんによるとそろそろ東京湾沖提の最盛期も過ぎつつあるのだとか。釣れているうちに行きたいなぁ。なかなか行けないくせに、やたらと道具ばかり買いこんでしまっています。

カサゴ狙いのライトロックゲームに行って来ました。
食いが渋くて困った時には定番中の定番《メバピョンピョン》が効果抜群!

191006-1.jpg
191006-2.jpg

夕方はアタリが増えてきました。
活性アップなのか魚が寄ってきたのか。
このシーンではクローンクローが大活躍!!

191006-3.jpg
191006-4.jpg

ボトムノックスイマーIIでも十分アタリがあります。
しかし、今回の状況に関しては、ワームの方が効果的だったと思います。

191006-5.jpg

くぅ~、早く行きたい!と思いきや、何だかまた台風が接近しているそうで(汗)。

gill-corot.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

10/5 今日の水郷 [釣行記]

あれ、ボートがない?!駐艇場の定位置にあるはずのボートがない。どうやら駐艇場の整理をしたようで、自分のボートも場所移動したようでした。
そしてラッキーなことに今度の場所は新しい砂利を入れた駐艇場。今までのところ、土というか草地というか。雨の後だとか朝露だとかで地面や草が濡れていると準備している間に足元が汚れてしまっていたんですよね。それが嫌で朝はニーブーツを履いて準備をしていました。今度の場所は全く問題なし!

今日は北利根川でボートの国体、また常陸利根川下流域のマリーナではトーナメントをやっているとの情報を得ていたので、玉砕覚悟で北浦をメインにしました。

自分は昔、アルミボートで北浦のJB戦に出場していました。当然、遠くまでは行けませんでした。さらに当時は金上などの上流部はエリア外となっていました。ですので自分は北浦はほぼ下流域専門でした。上流部はほとんど知らない。
今日は知らないエリアを周ってみようと思い、北浦上流部へと向かいました。しかし最上部は巴川からの濁りが流れ込んできており水の色が非常に悪く、早々に見切らざるを得ませんでした。

191005-2.jpg
191005-1.jpg

鹿行大橋まで下ってくると水の色も良くなり、水深のあるドック外壁をスパイニークローラーで探っていくと41cmをキャッチ。ボウズの可能性もあると思っていたのでホッと一安心。この時点で11:30過ぎでした。

岸釣りの人が釣れているのも見掛けたのでこのエリアはいいかもしれないと思って重点的に探りを入れたのですが追加は出来ず。午後は鰐川のベジテーション絡みをファットイカで撃ち1バイトありましたがスッポ抜け。1尾のままで終了でした。

最近房総で釣りをしていてバイトが続くことに慣れつつあるせいか、数時間のノーバイトがなかなかキツイ(苦笑)。

それにしても10月にもなってTシャツ短パンで釣りをするとは思いもしませんでした。少し風があったので何とか耐えられましたが、無風だったらかなりしんどかったと思います。

gill-spiny2.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -