SSブログ
前の10件 | -

100Yearsアニバーサリー アンバサダー 3-BOX [リール]

色々な国によってリールの嗜好というのも異なるようで、ABUの100周年記念リールというのも、国によって販売品が違うようです。

イギリスでは5500CDLのセット販売でした。

210620-1.jpg
210620-2.jpg

格好イイ!!木箱もいいなぁ。

210620-3.jpg
210620-4.jpg
210620-5.jpg

これは日本でも欲しがる人がいるのではないかな。限定150セットらしいので将来的にはプレミアも付きそうなリールですね。

ただ、価格は1999.99イギリスポンド。日本円にして30万円オーバー(汗)。先立つものがありませんので自分には買えませんけれど、もし買ったとしても実際に使う勇気もないです。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

リチウムイオンバッテリーを知る [その他]

以前に複数回リチウムイオンバッテリーについて記したことがあったのですが、ネット検索するとそれらの記事が上位の方に来るらしく、未だに質問や相談を受けることが多いです。でもその質問の答え、既にブログ内に書いてあるんだけどなぁと思うことも少なくないですが(苦笑)。

200803-1.jpg

リチウムイオンバッテリーを5年以上使った人は日本にはまだいないと思います。ですがリチウムイオンバッテリーが普及し始めてから数年が経ちました。様々な人の見解や、トラブルの事例もわかってきました。もうそろそろ新しい視点でリチウムイオンバッテリーを語ってもいい段階に来ているのではないでしょうか。

だって未だに、どの種類のリチウムバッテリーなのかすら明記せず、ただ単に軽いだの速いだのとうたっている製品もあります。それも日本のメーカーでです。そんなの当たり前!鉛のバッテリーがクソ重いものだったんだから。少しキツイ表現ですが、釣り人の無知に付け込んだ売り方に思えてなりません。乾電池だってマンガン乾電池かアルカリ乾電池かくらいちゃんと明記して売っています。
ちゃんと種類を明記して、その特性まで踏み込んで説明しているのはオオツカさんのリチビーくらい。他はどれも説明不足だったり、特性に関してウソばかり書いてあるところさえあります。

じゃあどれを選んだらいいの?それは個々のアングラーが何を重視するかによります。だから知っておくべきはリチウムイオンバッテリーの銘柄以前に「種類」とそれらの「特性」です。

【リチウムイオンバッテリーには3種類ある】

リチウムイオンバッテリーはどれも同じというわけではありません。種類があり、それぞれに特性が異なります。厳密に分けると種類も多いのですが、市販品では3種類が多く見られます。

■ 3元系リチウム
ニッケル・マンガン・コバルトを使っているのでNMC系と呼ばれることもありますが、一般的にLi-Ionと表示されているバッテリーはこの3元系リチウムであることが多いです。

■ リン酸鉄系リチウム
LiFePO4と表記されるバッテリーです。

■ チタン酸リチウム
LTOと表記されるバッテリーです。急速充電が可能なのが最大の特徴で、安全性、低温下での安定動作にも優れているのですが、日本のメーカーでエレキ用として販売されているものはないと思います。価格もかなり高額なので一般的ではありませんが、ここでは性能比較という意味で掲載とします。

【軽さ比較】

ここでは12v100Ahを比較のための基準としました。表の中の重量表記は同一メーカーでの一例です。メーカーにより差異はあります。

210620-1.png

最も軽いリチウムイオンバッテリーは3元系のバッテリー(Li-Ion)です。12v100Ahで7kgで、これが80Ah、60Ahとなると5kgを下回るものさえあります。軽さを重視してリチウムイオンバッテリーを選ぶのならば、ダントツで3元系となります。

次いで軽いリチウムイオンバッテリーはリン酸鉄系のバッテリー(LiFePO4)です。3元系では軽すぎてボートの安定性が、というのであれば意図的に少し重いリン酸鉄系、特にその中でも少し重いものを選んでみるのも手です(12v100Ahで15kgというバッテリーもあります)。だって、軽過ぎるから鉛のバッテリーも積む、なんて本末転倒な話ですから。

チタン酸リチウム(LTO)はリチウムイオンバッテリーの中では重い方です。とはいえ、鉛のバッテリーよりは軽いですが。

【パワー比較】

ここでは12v100Ahを比較のための基準としました。表の中の重量表記は同一メーカーでの一例です。メーカーにより差異はあります。
また、表内の電圧は理論上の計算値ですが、実際にはこれよりも高い場合がほとんどです。12.8v→13.2v 等。パワーと記しますが、理論上は電圧(電力)が高いほどエレキが速くなりますのでパワーと表記させていただきました。

まず知っておいていただきたいことは、リチウムイオンバッテリーを構成する際にキッチリ12vに合わせることは出来ないということです。これは内部のセルの電圧がそれぞれ決まっているため。3元系のセルは1個が3.7v、リン酸鉄系のセルは3.2v、チタン酸系のセルは2.4vと決まっているのです。これを複数構成として12vに近付けています。

210620-2.png

最もパワーのあるバッテリーはリン酸鉄系のバッテリー(LiFePO4)です。3.2vのセルを4個の構成で12.8vが理論値です。実際には13vを超える場合がほとんどです。12vエレキで使用する際は、やや電圧が高いということを頭に入れておいて下さい。電圧が高い分やや速いのかもしれませんが、ハイパワーで使い続けるとその分焼き付き易いということです。
また、12vのリン酸鉄系バッテリーを並列繋ぎにしては駄目です。12v×2=24vとはなりません。実際には24vを大きく超えることがあるので機材の破損に繋がります。

3元系のバッテリー(Li-Ion)はパワーはありません。船の重さが軽くなる分の相殺があるとはいえ、鉛のバッテリーよりも遅いのでは?と感じるケースもあるはずです。
3.7vのセルを3個の構成で11.1vが理論値です。実際にはこれよりやや高いですが12v未満となることが多いです。よく「リチウムは鉛のバッテリーより速い」と言われますが、それはリチウムイオンバッテリーが全て速いのではなく、あくまでリン酸鉄系のバッテリー(LiFePO4)が速いだけです。

【安全性比較】

まず明記しておきたいのが、リチウムイオンバッテリーが過充電や過放電、熱暴走しないためにBMSという制御基板が入っているということです。つまり、正常に使用している範疇においてはリチウムイオンバッテリーは安全だということです。ところがバス釣りで使う場合、バッテリー内への浸水や、衝撃、ケースの破損といったリスクの可能性がゼロではありません。

以下に示す安全性評価は、あくまでそうした「想定外」のケースが発生した場合に、内部構造がどのような化学変化を起こしどのような症状を引き起こす可能性があるか、という視点で読み進めて下さい。

210620-3.png

最も安全性の高いリチウムイオンバッテリーはチタン酸リチウム系のバッテリー(LTO)です。仮にバッテリー温度が300度を超えても熱暴走を起こしません。外的要因が加わって破損をしたとしても同様です。
ただ、前述したように非常に高額なものとなります(3元系の約2倍)のでエレキ用としては検討対象外になるかと思います。

次いで安全性の高いリチウムイオンバッテリーはリン酸鉄系のバッテリー(LiFePO4)です。リン酸鉄系のバッテリーが熱暴走を起こした場合、温度が267度まで上がる可能性があるが発煙レベルに留まることが多く発火リスクは低いとされています。また外的要因により破損をした場合には熱暴走の恐れはありません。最悪、煙が出る恐れはあっても発火したり爆発する危険はほとんどないと理解しておけばいいでしょう。

3元系のリチウムイオンバッテリー(Li-Ion)の場合は熱暴走を起こすと温度が429度まで上がり、発煙のみならず発火の恐れがあります。また外的要因が加わり破損を起こした場合には熱暴走を起こす可能性があります。熱暴走を起こした際には水素、一酸化炭素、二酸化炭素のガスを発生するため爆発する恐れがあります。

参考までに記しておくと、リチウムイオンバッテリーが発火した際には「大量の」水をかけるのが釣り場での現実的な対処となります。少量の水では発熱と水素の発生を起こしますが、大量に水を掛けることで発熱を上回る冷却を促進することが重要との事です。

リチウムイオンバッテリーは1種類ではなく、それぞれに特性が異なるということを知っておいて下さい。そして、自分自身に合ったリチウムイオンバッテリーを選んでもらいたいと思っています。

gill-yahoo-bandocraw.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ビワー Sトラウトフローティング ようやく入荷 [Biwaa]

コロナ禍の影響で、密を避けた屋外でのレジャーに目を向けた人が多かったため、アウトドアや釣り業界は売り上げが伸びています。その反動で生産の遅延、さらには出荷業務の遅延なども発生しています。

210614-2.jpg

今年の新製品、ビワーのSトラウトフローティング(6.5インチ)もおおよそ半月ほど遅れて日本に入ってきました。そして5月下旬から販売店様への出荷が始まっていたようなのですが、私の個人オーダー分は最後の後回しにされて(涙)今頃になってようやく手元に届いたのでした。たまたま外出自粛で釣りにも行けない期間だったからいいようなものの、普段のペースで釣りに行っている状態だったらブチ切れていたことでしょう。

210614-1.jpg

開発担当だった私の手元にもプロトがほんの数個しかなく、しかもそれはマスターサンプルとして保管しておかなくてはならないものなのでとても思い切って実戦投入出来るものではありませんでした。やっと使えるものが手元に届いた!ということで喜んでおります。購入したのは5個ですが、それとて普通のルアーよりは高価なものなのでなかなかの出費です。

散々説明済ではありますが、6.5インチのフローティングはスミスの要望から生まれた特注品。日本でしか販売されていません。自重は41gです。6.5ftミディアムクラスのクランキングロッドでも使うことの出来るサイズ感です。大き過ぎないのでアキュラシーキャストや着水音に留意したアプローチにも絶好です。

7.5インチのフローティングモデルは元々ビワーのラインナップに存在したものですが、ニジマスカラーのみという絶滅危惧種だったものを特別に日本向けにカラーを増やしてラインナップさせたものです。自重は70gありますので相応の専用タックルが必要となりますが、これくらいのサイズ感がないと使う気がしないというビッグベイト好きの方も多いことでしょう。バスのみならずシーバスにも是非。

なおシーバスで試したところ、ジョイクロ、ダウズスイマーなどとはまるっきり魚が反応する状況が異なりました。これに関しては私自身もまだ十分な実績に基づいた話ではないのでここでは触れませんが、バリエーションの1つとして持っておくべきルアーとだけ言っておきます。

先月入荷した分のSトラウトフローティングは、おかげさまで全て完売となりまして現在(2021.6.14)メーカー在庫は欠品となっております。次回の入荷は下手をすると半年後?なんていう可能性もありますので、是非今のうちに販売店の店頭在庫よりお買い求め下さい。



この泳ぎ・・・惚れ込んでしまう事間違いなしです。

gill-yahoo-bfswimmy.png
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

チャンバサダーレフトハンドル、着弾!!2 [リール]

チャンバサダーを知らない人に見せた時の反応が面白くてたまらないです。

210605-6.jpg

まずは黙って触らせる。少し造りが荒いところがあるけれどちゃんとしたリールですね、となる。次に「じゃあ、コレ幾らすると思う?」と聞きます。中国製のリールではあるし、わざわざ質問をしてくるということは、さては結構安いんだな、とほとんどの人は考える。

でも、その価格帯を見事に当てた人は今のところいません。大抵、7000円?5000円?という答えが返ってくる。

正解(1500円台)を伝えると皆一様に「えぇー!!」となる。そしてもう一度リールを手にする。とても¥1500台というのが信じられないから2度驚く。

210605-3.jpg

自分はこれまでチャンバサダーを3台保有(CL25×1台、CL30×2台)していて、先日左ハンドル(CL25L)を3台追加したばかり。自分はリールを入手するとすぐに分解する悪い癖があるのですが、元々保有していた3台は特に造りが悪いという箇所もなく、中国製品にありがちな安かろう悪かろうという印象は全くありませんでした。ここの生産工場(Ming Yang)は割とちゃんとしているんじゃないかな?
(但し、遠心ブレーキ搭載と明記しているのに実際には付いていないというのはイカンだろうと思っていますが)

ところが追加で購入した左ハンドルのリールときたら・・・

210613-1.jpg
210613-2.jpg

フレームのステーの1本を見てビックリ。何じゃコリャ?!ヤスリか何かで削られてる!!

多分、設計では本体の穴にピッタリとハマるようにしたものの、生産時の誤差が大きくハマらなかったんでしょうね。それで止む無くステーを削って本体と組めるようにしたと。
でも、見えない部分だからいいだろう、という発想はいけませんよ。

ところが驚いたのはそれだけではありませんでした。何と1台のみならず3台とも下部のステーがヤスリで削られていたのです。ここまでくると生産時のバラツキというレベルではなく設計ミスですね。ちなみに、右ハンドル(CL25)はそのようなことはありませんでした。

210613-3.jpg
210613-4.jpg

そしてフレームの上部にガッツリと大きな傷があるものが1台。ちょっとパーミング気味に握り込むと指に当たって痛いです。

中国製だから駄目だ、という判断を自分はしません。自分も中国で生産をさせているものがあります。中には優秀な工場も存在します。こちらが指示した以上のことをやってくる、気の利いた工場もあるのです。だから自分は中国製だからと一括りにはしません。でもMing Yang社はあいにく残念な会社だったかもしれない。

Ming Yang社は検品基準を厳しくすれば面白いリールが作れるのにな。ちょっと残念な出来事でした。

gill-yahoo-bfshrimp.png
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スーパースプーク ボイオ [ヘドン]

立場上、PRADCO社関連の新製品情報は自分の元に早く届きます。新製品情報が届いたらすぐに社内にアナウンスを行い、営業員が注文を受けられるよう態勢を整えてあげるようにしなくてはなりません。それと並行して新製品情報をあちこちに拡散させるのも自分の仕事です。

なので今回も同じように仕事を進めたのですが、途中で何か違和感を感じました。手元に届いた資料が簡素なものだったので、より知見を深めたいと思ってPRADCOの公式サイト、デジタルカタログ、公式のSNSなどで情報をあたってみたのですが、該当製品の情報が全く出ていない。今(2021.6.9)でもそうです。

これはもしや7月まで伏せておかなくてはいけない情報だったのでは?!そのようには言われていないけれど、そんな気がしてきました(汗)。というのは、I CASTショーも控えているし7月にPRADCOがデジタルカタログをアップデートする予定があるので、これはきっとそこで発表する新製品だったに違いない(滝汗)。

しかしそれに気付いた時は既に遅し、営業員があちこちの販売店に案内を出した後だったので、ネット上で情報が拡散してしまった(焦)。一言、まだ情報を公に出さないで下さいと注文書に入れておけばよかったのですが、気が付くのが遅かった(汗)・・・

とはいえ商品自体は6月下旬にスミスに入荷してくるので、そろそろ公にしないとこちらとしては色々と不都合も出てきてしまう。

というわけで、これまではブログ上ではずっと情報を伏せていたのですが、ヘドンの新製品スーパースプークボイオの紹介です。スミスの公式サイトでも間もなくアップとなります。もう発売間近なので、公開しないとしょうがない(と、自分に言い聞かせてみる)。

3インチサイズのスーパースプーク"ボイオ"(Super Spook Boyo)は小型のスレッドフィンシャッドを忠実に再現し、池や河川といった小規模な水域でその威力を発揮するモデルです。しかしながらその遠投性能、ワンノッカーサウンドがもたらすハイアピール性能といったスーパースプークの特徴は継承しており、高い実釣性能を有する実戦型のペンシルベイトに仕上がっています。

【ヘドン スーパースプーク ボイオ】

●フレッシュウォーターフック仕様カラー

02 Black Shiner
210609-1.jpg

14 Bone
210609-2.jpg

HBS Wounded Shad
210609-3.jpg

HFB Florida Bass
210609-4.jpg

HOS Okie Shad
210609-5.jpg

527 Blue Herring
210609-6.jpg

528 Wiper
210609-7.jpg

529 Bluegill Fry
210609-8.jpg

●ソルトウォーターフック仕様カラー

532 Sweet Tooth
210609-9.jpg

533 Bonafideclown
210609-10.jpg

534 Speck Magic
210609-11.jpg

535 Inshore Candy
210609-12.jpg

536 Peach Ring
210609-13.jpg

・全長:7.5cm
・自重:3/8oz(9.5g)
・オープンプライス

・7月発売予定

アメリカでも未発表の情報ですが、先行して公開してしまった(汗)。今年は日本からI CAST SHOWに行く人はいないかと思いますが、もし先行情報で知っていたとしても「へぇ~、こんなの出るんだ!知らなかったよ」と言っておいて下さいね(笑)。

また、既に販売店様からの注文を沢山いただいているのですが、フレッシュウォーター用フックを装着したカラーに注文が集中しており、ソルトウォーター用フックを装着したカラーの注文数が比較的少ないようです。フック交換はするでしょうが、個人的には535、536辺りはバスに使いたいと思えるカラーです。

また、私自身もまだサンプルを所有していないので何とも言えないところですが、チヌトップに良さげじゃない?という声が多いようです。発売したらどなたか試してみて下さい。

gill-yahoo-tentacrawler.png
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

チャンバサダーレフトハンドル、着弾!! [リール]

クラシカル系のリールに興味のない人は聞いたら驚くかもしれませんが、小型の丸型ベイトリール、その中でも特に左ハンドルの価格相場というのがとんでもないことになっています。

元々の流通量が少ないということもあるのですが、アンバサダー2501Cというレフトハンドルモデルの価格相場は何と数十万円というレベルになっています。アルミボートのフルセットが買えてしまいますよ。
あまり好ましくないことですがスミスのプラッガーレフトハンドルもオークションで11万円超で落札だとか・・・(そんな価格で落札したら後悔することになりますよ!!理由は今は書けませんけど、察して下さいませ)。

要するに、小型の丸型レフトハンドルがとても希少になっているということです。渓流ベイトフィネスの普及がその一因となっているのは間違いないところですが、実はこの手のリールは中国富裕層の間でも大変な人気があり、しかもその8割以上はレフトハンドル需要となっています。中国は日本よりもレフトハンドルの使用率が遥かに高いのだそうです。

その波は有名メーカー品のみならず、私が「チャンバサダー」と称していじって楽しんでいるMingYang社の格安リールに関してもまた然り。元々のメーカーラインナップにはレフトハンドルも存在したらしいのですが、昨年の時点で中国の販売店にも在庫を持っているところは皆無でした。

210605-7.jpg

ところが今年の4月下旬、とある販売店が左ハンドルのCL25を販売しているのを発見!しかもカラーはレッド、いいじゃない!他の販売店にはそのような在庫が見当たらないのでメーカーが再販したわけでなく、デッドストックが出てきたものと思えました。
複数台の在庫が確認できたのですが、とりあえず3台オーダー。その際は確か在庫が8台くらいあって、そもそも1台¥1500ちょっとですから全て買い占めてやろうかなとも思ったのですが(笑)自分自身が使うタイプのリールではないので3台に抑えておいた次第。

でもレッドのレフトハンドルはなかなかお洒落かもしれないなぁ。人に見せたらきっと、自分も欲しいという人が続出することでしょう。やっぱり全数抑えておけば良かったかな?なんて思っていたところ、販売店からメッセージが届きました。

210605-1.jpg

レッド売り切れてしまったアルヨ。
この色だったら3台アルヨ。
これでイイカ?ファーストサマーウイカ?

おいおい、自分がオーダー入れた時には在庫ありの表示だったじゃん・・・。写真のリールはシルバーで、しかも右ハンドル。
ここで販売店の提案を断って返金してもらうという選択肢もあったのですが、実はCL25のシルバーも他では売っているのを見たことがないレアカラー。安いモノだし、まぁいいかと思って了承しました。

でも・・・欲しかったなぁ・・・赤の左ハンドル(涙)。タッチの差で間に合わなかったのかもしれません。直後の販売店のサイトを見たら、SOLD OUTになっていました。

そしてオーダーから1ヶ月少々が経過し、注文をしていたことすら忘れかけていた6月初旬、荷物が着弾!!

210605-2.jpg
(本来、CL25は箱に入っています)

リール3台入っているわりには箱があまりに小さくないかい?!元々のCL25の箱だけでもそれなりの大きさがあるはずだけど?

210605-3.jpg

梱包を開封したら、ビニール袋に入ったリールが3台放り込まれていました。まぁ、いいけど・・・(汗)。

リールの色は販売店の伝達通り3台ともシルバー。でも、ちゃんと左ハンドルのリールが来てるじゃん!!これなら全然OKアルヨ!!

210605-4.jpg
210605-5.jpg
210605-6.jpg

シルバーのCL25をまじまじと見てみると、アンバサダーっぽさ倍増(笑)。全然アリだなぁ、コレは。知らない人が見たら確実に欲しくなってしまうレベル。

自分の周りで欲しいという人が居たら、1台¥3,000で売りつけようかと(爆)。

gill-yahoo-spinyax.png
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スティッキー0新色 [スミスルアー]

スティッキー0に新色が4色追加となります。本来ならば今年のカタログに掲載する予定でわざわざページスペースを空けていたのに、大阪支店のITN君がモタモタしていてカタログ掲載に間に合わなかったもの。

31.WA2(ワカサギⅡ)
210603-1.jpg

32.S-10(パープルワカメ)
210603-2.jpg

33.RB(レインボー)
210603-3.jpg

34.FL(フロリダ)
210603-4.jpg

ちょっとこれまでのスティッキーらしさから逸脱したカラーもあるので社内でも賛否両論だったりもしましたが、カラーの幅が広がるのはいいことですね。

新色は7月発売予定です。

gill-yahoo-sinkspider.png
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

MAX4用シャロースプール [リール]

ベイトリールをチューニングするとなると日本のアングラーは大概、ミドル~ハイエンドモデルをベースにすることが多い。良いものをとことん良くしたい、という傾向が強いと言えます。だから日本では廉価版のリール用パーツというのは発売されない。そもそもの需要というものがあまりないからかもしれません。

ですが中国製のパーツメーカーがやたらと生産しているのがアブのマックスシリーズ用のシャロースプール。要は廉価版のリール用パーツということです。マックスシリーズ用のシャロースプールは複数のメーカーから発売されていて種類も多い。価格も高くて3000円代といったところ。パーツも比例して安い価格設定です。日本以外ではこうした需要も多いということなのでしょう。

アブのベイトリールはスウェーデン(クラシック)、韓国(レボ)、中国(マックス)の原産国に分かれています。中国のパーツメーカー的には中国製のマックスシリーズ用のパーツというのは開発しやすいのかもしれません。

そして今年マックスシリーズが4世代目にモデルチェンジをしました。私はまだ実機を見たことがないのですが、3代目と比較してスプール径が小口径化(32mm)されているため3代目用のスプールは装着できないはずです。当然、4代目マックス用のシャロースプールも早々に発売されるだろうと思っていたところ、やはり発売になったようです。

210529-1.jpg

210529-2.jpg

軽いものを投げるのならばマックスシリーズよりもレボシリーズの方が優位なのは設計上の違いからも明らかです。スプールのシャフトが短い方が余計な抵抗がなく、スプールがよく回る(但し、スプールに強い負荷が掛かる釣りではスプールシャフトが長い方が撓みを生じにくいというメリットがあります)。

ただ、ロングシャフト構造と言えどもシャロースプールに換装すると回転レスポンスが上がるので(機種にもよりますが)ノーマルスプールのレボよりも軽いものが投げやすくなるケースもあります。3代目マックスにシャロースプールを組み込んだ人の話によれば、4g程度のリグは問題なく扱えるレベルに仕上がっているのだそう。

某通販大手でブラックマックス4(MAX X)の価格が¥8,525でした(思ったよりは高いかな)。AMOのシャロースプールは¥3,918(2021.5.29時点)でしたので¥12,443が仕上がり価格ということになります。

極端に軽いものを使うということでなければ補欠のリールとしては十分なレベルでしょう。人によっては予算内で複数台を準備できた方がメリットが大きい場合もあります。ただ、MAXシリーズはフレームもグラファイト製なので、剛性がうんたらかんたら~という人は素直にレボシリーズが良いでしょう。

廉価版のリールの性能を上げるための専用パーツというのは日本のパーツメーカーにはない発想ですけれど、個人的には嫌いじゃないです。ノーマルとの性能差が大きく現れるのでそうした意味でも非常に面白い存在です。

gill-yahoo-mossa.png
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5/23 今日のご近所 [釣行記]

越県移動を自粛ということになると、関東であれば千葉県と神奈川県にお住まいの方がうらやましいです。どちらの県も、バス釣りも出来るし海釣りも出来る。それにひきかえ埼玉県は・・・(泣)。

でもそろそろ近所のドブ川にシーバスが上がってきている頃だと思い、今朝はその確認に行ってきました。

いかんせん街中を流れるドブ川である故、まとまった雨が降ると川がドチャ濁りになってしまいます。昨日は曇天でしたが雨は降らなかったので水も落ち着いているだろうと思ったら、夜の間に結構降っていたようで川はドチャ濁りでした。こりゃ魚が上がってきていたとしても、駄目かも。

案の定、ミノーやクランク、バイブレーションではノーヒット。駄目だこりゃ、と諦め半分でしたが、苦し紛れに投げたワームのジグヘッドリグのフォール中にズシッとヒット。

210523-1.jpg

40cmクラスではありましたが、今期のドブシーバス1号をキャッチ。ヒットルアーはAR-Wピンテール3.25インチ。このワームでシーバスを狙うのは自分位ですね。

続いてこれまで実績のない場所を開拓しに向かいました。しばらく他県への釣りに行けそうもないので近所の手持ちポイントを増やしておきたいと思っていたからです。

足元をドロドロにしながら辿り着いた場所で、デュエルさんのハードコアバイブレーションで足元ヒット!派手に跳ねられてフックアウトしてしまいましたが、この場所で魚を掛けたのは初めてです。手持ちのポイントが1箇所増えたなとニンマリ。

そんなこんなで2時間ほどの朝練は終了。楽しい!でも早く他県に釣りに行きたい・・・

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

埼玉県東部漁協さん、頑張って! [物申す!]

本日は埼玉県東部漁協さんに行ってきました。とはいえ何か小難しい話をしに行ったというわけではなく、個人的に遊漁証を購入しに行ってきました。

210522-1.jpg

埼玉県のまん延防止重点措置もいつまで続くのかわからないですし、遠出をすることも出来ないのでせめて近場で気分転換しようかなと。そろそろウチの近所でもシーバスが釣れ出す頃なので。

海から上がってきたシーバスを釣るのに遊漁証を買うの?との意見もあるかとは思いますが、川でルアーを投げている以上は他の魚を狙っているのと区別がつきませんので、狙っている魚種云々で語るのはナンセンスと自分は考えています。

ですが東部漁協さんの遊漁証を買うのはなかなか面倒なのです。まず・・・近隣の釣具店で売っていない!!取扱店はゼロです。勿論ネットで買えるとかそんな便利なはずもなく。
越谷にある漁協さんの事務所まで直接買いに行かなくてはなりません。しかも事務所は不在にしていることが多く、一度電話を入れてアポを取り付けてから買いに行かなくてはなりません。電話も繋がらないことが多い。

これはさすがにどうなのかな~?と思い、自分が釣具業界の関係者であることを明かし「何なら自分が近隣の釣具店に遊漁証を取り扱ってもらえるように働きかけてみましょうか?」とも申し出たのですが、別にいいですと。自分、結構さばいて来れる自信あるんだけどなぁ・・・。

理由を尋ねると、まずは年に数枚売れるかどうかなので販売店が置いてくれない。そして釣具店を経由して置いてもらうと手数料を差し引かれてしまうので漁協の利益にならないとのことでした。
う~む、それよりは販売枚数を増やす努力をした方がいいんじゃないのかな、と思いましたが・・・

ちなみに自分の遊漁証はNo.15。3月から販売を開始して、甲種の15人目ってことですよね?他に特種や乙種の売り上げもあるんでしょうけど、こんな程度の売り上げでは、何かをやろうとしても出来ないのでは。

遊漁券を購入する際には住所、氏名、連絡先を記すようお願いされました。売上金が本当に遊漁券を販売した実績によるものなのかどうか確認を受けるそうで、購入時にお願いをしているそうです。

〇〇川でルアー釣りをするんです、と言ったらまず勧められたのが特種の遊漁証(¥8,000/年)。
「これだったら竿が8本まで出せますから」
いやいや、ルアー釣りは竿8本も並べませんので(苦笑)。1本だけなので。
だったらこれですと言われたのは甲種の遊漁証(¥5,000/年)。
「この券なら竿が3本まで出せますので」
だからルアー釣りは1本なんですってば(笑)。

ルアー釣りだったら〇〇川のこの辺りがやっている人が多いですよ、と親切に教えてくれたのですが、本当にルアー釣りのことわかっているのかな?鯉のブッコミ釣りと混同してません?まぁ、いいですけど。

210522-2.jpg

遊漁証を買うとカードケース、釣り場マップ、そして消毒ジェルがオマケで付いてきました。

対応してくれた漁協の方、田舎のお父さんのようなとても優しい感じの方でした。だからあまりガツガツと売り上げを上げていこうなんて考えたりはしないのでしょうけど、何だか勿体ないなぁと思いました。管轄地域の川で釣りをしている人は、ヘラや鯉釣りの人も含めて遊漁証を持っている人を見たことがありません。でも本当は必要なものですよね、特にヘラや鯉なんて。でもここの漁協は積極的に現場で徴収なんてしていないと思います。少なくとも自分は現場で会ったことがない。
そもそも地元の釣具店で遊漁証が売っていないというのは致命的だと思うし、遊漁証の販売を積極的にアピールしていこうという姿勢も感じられないんですよねぇ。このままだと漁協も衰退していってしまうばかりだと思うのですが。

自分が組合長だったら、こうする。
  • 地元の釣具店で遊漁証の購入ができるようにする。インターネットのつりチケでも購入が出来るようにする
  • 管轄地域内の釣具店に釣り場マップを配布する(その中に遊漁証購入のお願い文を明記する)
  • 河川管理事務所との調整も必要ですが、川に降りられる場所を増やす(草加市、八潮市周辺の川のほとんどはフェンスで囲われている上、高い護岸になっているのです。下りられる場所が数ヶ所あるだけで釣り場面積が格段に広げられる。数ヶ所にフェンスの出入り口、護岸は簡易なハシゴでも良い。但し子供が単独で水遊びに入らないよう工夫も必要)
  • ヘラの部、鯉の部、ルアー釣り部門に分けて大物ダービーを開催する(バスの釣果に関しては研究資料として活用、管轄水域内でのバスの再放流禁止は除外する)
  • 年に1度、普段は釣りが禁止されているレイクタウンの調整池でファミリー向けの釣り大会(もしくは釣り教室)を開催する

こんな時代になってしまったからこそ、身近な水辺で遊べることをもっと真剣に考えても良いんじゃないかなと思っています。そしてそのためには地域の漁協ももっと頑張って欲しいなと思った次第。協力してよ!と言われたら、協力しますから。

gill-yahoo-bandocraw.png
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -