SSブログ
前の10件 | -

ABU ディプロマット601M [リール]

今年に入って俄かに注目度がアップしているクローズドフェイススピニング(アンダースピン)リール。

軽量ルアーを圧倒的な手返しの良さで撃っていけるのが最大のメリットであり、一部のコアなアングラーに支持を受けているリールでもあります。反面、一般に浸透しないのは
・重い
・巻き上げが遅い
・巻き上げ力がない
・オシレーション機構がない(機種による)
といったデメリットがあるからです。

100510-4.jpg

このうち、重さに関してですが私の愛機であるPREMIER706で288g。現行モデルの506mkⅡも288g。要するに300g近い。スピニングは2500番でも200gを切っている機種が多いわけですからそれより100gも重いというわけです。

自重といい機構といい、クローズドフェイススピニングリールは40年前のモデル(ABU506)と比較しても何ら進化をしていません。
この手のリールは機構上、自重がかさむのは致し方ないなんて声も聞かれますが、実は物凄く軽いモデルもあったんです。

160922-1.jpg

それがディプロマット602。自重は190gですから近年のスピニングリールとさほど変わらない印象です。しかもちゃんとオシレート機構も付いているのでラインがスプールに均一に巻けます。当然、キャスト時のライン放出もスムーズ。

このリール、エビスフィッシングがABUの総代理店だった時代に販売していたものなのでもう40年近く前のモデルです。ですがカーボン製で質感がチープだったためか当時も不人気でした。販売年数が短かったこともあって流通している玉数が極めて少ないレアものです。

それが本日、たまたま立ち寄ったリサイクルショップでディプロマット601Mを発見!!マジか?!

220515-1.jpg
220515-2.jpg

値段は何と¥3,900(笑)。まぁ、メチャクチャ古いリールだし、当時の価格も¥16,000程度のものだったから、妥当な値付けと言えばそうなのかな?当然、リアクションバイト。多分使わないんだけど、嬉しい(笑)!!

モデル末尾の「M」はきっとマッチフィッシングモデルの意と思われます。602はサイレントモデルでしたが601Mはハンドルを回すとカリカリ音がします。

601Mに関しては602よりもサイズが小さいこともあり自重が185g。おそらくこの手のリールとしては史上最軽量と言えるでしょう。

220515-3.jpg
220515-4.jpg

本体のサイズ感はあまり602と変わらない気もしますが、前から見てみると径が明らかにコンパクトですね。ギア比4.1でスプール径も細いとなると、巻取りはメチャクチャ遅いはず。602よりもさらに遅いのかと考えただけで、実戦には絶対に使う気がしません(笑)

こんなレアものがさらりと並んでいるなんて・・・リサイクルショップ、侮れねぇ。

gill-yahoo-bfshrimp.png
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コーデルTシャツ2022 [プラドコ]

昨年はボーマーのオールドロゴを配したTシャツとパーカーを発売しました。これはスミスがPRADCO社にオールドロゴの使用許可をいただいて展開しているものです。そして同様に、スミスではコットンコーデルのオールドロゴに関しても使用許可を取得していました。

現在のコーデルロゴもスタイリッシュで悪くはないのですが、昔からスポット、クレージーシャッド、ボーイハウディー、ビッグオーといったルアーを使ってきた世代にとってはやっぱりオールドロゴの方が馴染みがあるんですよねぇ。

そして今年はオールドコーデルロゴを使ったTシャツを発売することとなりました。今年は9色ありますのでお好きな色をどうぞ。

(ホワイト)
220508-1.jpg

(杢グレー)
220508-2.jpg

(ブラック)
220508-3.jpg
ルアー台紙のイメージ的にはコレだという人が多いですね。黒のTシャツ、暑いんですけどね(苦笑)

(ラベンダー)
220508-4.jpg

(ガーネットレッド)
220508-5.jpg

(ライトイエロー)
220508-6.jpg

(ジャパンブルー)
220508-7.jpg

(ダークブラウン)
220508-8.jpg

(ライトベージュ)
220508-9.jpg
今回、自分はこのライトベージュをチョイス。でも結構周りと被っているみたい(笑)

サイズはM,L,XLの3サイズ(日本サイズ)となります。価格は¥3,000+税。

7月発売予定となります。
5月15日までにスミスに注文が入っている分のみを生産しますので確実に入手を希望される方は、販売店を通じて5月15日までにスミスに注文が届くようお願いします。

gill-yahoo-tentacrawler.png
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5/4 今日の相模湖 [釣行記]

7年ぶり位?に相模湖に行ってきました。

自分が足を運んでいた頃は手の平サイズの小バスがとても多かった印象です。でも、数年経ってもその傾向が変わりませんでした。小バスが年を追うごとに成長している様子が伺えなかった。

バスは過度のプレッシャーに晒されると成長が止まることがあります。かつての河口湖も25cm前後の魚ばかりになってしまったことがありました(まだ各地からの放流がなされる前の話です)。自分が学生時代に釣りをしていた池もアベレージが22~24cm程度で、それ以上の魚がほぼ皆無な池だったのですが、何年たってもアベレージが30cmを超えるようにはなりませんでした。

同様に、相模湖の小バスは1~2年魚とは限らず、実はそれ以上の年齢なのに小バスのままなのではないかと考えていました。

しばらく足を運ばなかったのには特に理由はないのですが、近年の相模湖で小バスが多いという話はめっきり聞かなくなりました。湖の状況がまた変わったのかな、と興味津々で行ってみました。

朝は秋山川の岸沿いを周ってみましたが鯉のハタキだらけでした。案の定、バンク撃ちは全く気配なし。見えバスの姿も皆無。

220504-1.jpg

桂川本流に移動。ここでも岸沿いにバスの気配がなかったので3mラインに狙いを変えてダウンショットで30cmクラスをキャッチ。この釣りでポロポロ拾っていくしかないかな、と思いきや何とその後はノーバイトで終了。あれこれ試してみましたがひたすら無でした。

昔に沢山いた小バスは全く姿を見掛けませんでした。以前の相模湖とは全然違うと思いました。自分の得意場所も機能しなくなっていたので、また探し直しですね。それはそれで面白そうな気はします。

220504-2.jpg
220504-3.jpg

今の時期、相模湖では湖岸沿いに釣り禁止場所が結構あります。揚沢ワンドなんて全域がバス釣り禁止。これらはもちろん産卵期のバスを守るための措置となっています。ここまで本気で産卵期のバスを守ろうというフィールドは他にはほとんどないはず。

バスが激減して釣りが成立しなくなってきているフィールドは少なくありません。そのまま放置すればいずれ壊滅状態になる。釣り人が多い場所ほどそうなりやすい。相模湖は良いお手本だと痛感しました。これから先も末永くバス釣りを続けようと思ったら、これくらい本気で魚資源を守らないと駄目だと思います。

gill-yahoo-spinyax.png
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5/2 今日の水郷 [釣行記]

本日は霞ヶ浦水系某川に行ってきました。
この時期なので代掻きの影響は当然あります。そんな中でもこの川は黒いワームを使う事でどうにか釣れるというイメージがありました。

220502-1.jpg

が、今日は過去最強クラスに濁っていました。GWに入ってほどなくかなりの降雨があったのでその影響もあるでしょう。

移動できる範囲内で濁りの薄い場所を探すというのは無理なのでこの濁りの中で思いつく限りの手を尽くしましたが完全ノーバイトで終了しました。

今日はルアーのスイムテスト用サンプルも幾つか持参していたのですが、ルアーの泳ぎすら視認できないほどの濁りだったのでスイムテストも出来ませんでした。

釣れないなりに夕マヅメまでみっちりやろうと考えていたのですが、15時過ぎになると北西方向の雲の様子が怪しいことに気付きました。風も急に冷たくなった。これはヤバイかも?と感じ15:30に帰着して急いで撤収しました。

帰路、案の定激しい雷雨に見舞われました。厳密に言えばあと30分程度は釣りが出来たかな、という気はしますが豪雨を避けることが出来た点は良しとしましょう。

この川は少し濁りが落ち着かないと厳しいと感じました。また少し間を空けてから釣行しようと思います。

gill-yahoo-sinkspider.png
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4/25 今日の中禅寺湖?! [日記]

本日は動画撮影のために中禅寺湖まで行ってきました。被写体となるフィールドテスターのE島さんとカメラマンの人が初対面だったため、今回はアテンド役として自分が同行したというわけです。自分とカメラマンさんは一切釣りはなし。

220425-1.jpg

自分は中禅寺湖に行くのは中学の修学旅行以来。そもそも湖のトラウトは専門外なので驚くことが多々あり。何せ、朝の2時半頃から入漁券売り場に行列が出来ていました。今日って平日だよね(汗)?
販売店が3時に開き、販売スタート。入漁券を購入した人は急いで車に乗り込んで目指すポイントへ猛ダッシュ!!早朝からちょっとしたカーレースが繰り広げられていました。湖岸には場所取りの目印としてライトがズラリと置かれ、まだ真っ暗なうちから熾烈なポイント争奪戦になっていました。

当然、我々も朝3時集合。3時起きじゃなくて、3時に現地集合ですから。

ポイントに近い県営駐車場も真っ暗なうちからかなり埋まっていました。平日でこんな状況なのだから、土日はかなりカオスな状態に違いありません。

自分達が入釣したポイントはとあるワンド内でしたが、このワンド内だけで釣り人が15人以上は並んでいる感じ。とてもポイント移動できるような状況ではありません。バスの人気フィールドの混雑ぶりも凄いと思っていますが中禅寺湖も負けていない。それどころか平日でこの混み具合というのはバスの人気フィールドでもそうそうない。

近年はレイクトラウトをビッグベイトで釣る事がちょっとしたブームになっているようで、この日もビッグベイトを投げているアングラーを多数見掛けました。フライを振っている人とビッグベイトを投げている人が並んでいることもあり、ちょっと不思議な光景に思えました。

しかしながら本日、お目当てのレイクトラウトには出会えず。釣り人はメチャクチャ大勢いたにもかかわらず、魚が釣れているシーンは2度ほどしか見掛けませんでした。シャローにはワカサギが沢山接岸し、ユスリカのハッチも凄かったです。時折シャローをクルーズするトラウトも見掛けましたし魚っ気はムンムンだったのですが、やはりそう甘い世界ではないですね。

昼食を食べに出掛けた際のこと。湖に面したベンチの上に財布が置き忘れられてるのを発見!!まぁまぁ使い古した感のあるものだったので、年配の方の持ち物のような気がします。遊覧船乗り場の近くだったので発着所の人に申し出たのですが、交番に持って行ってくれとの返事。幸い、すぐ近くに交番がありました。
変な疑いを掛けられても嫌なので中身は見ず。ただ、振ってみると硬貨はそれなりに入っている模様。交番に持っていき、警察の方が中を開けると1万円札も入っていました。
警察の人に「今、時間ありますか?」と問われましたが「ないです!」と答えました。だってあと数時間しか釣りが出来ないのに、まだ1尾も釣れていないんですもの。放置されていた財布は看過できなかったけれど、交番で時間を取られている場合じゃないんです。
「じゃあ、通行人からの届け出という事で処理しますね」ということで特に名乗らず、謝礼も拒否してその場を後にしました。無事に持ち主の元に戻っていればいいですが。

実は先月も北千住のPという喫茶店で財布を拾ったんですよねぇ。これもまたトイレの個室内に置き去りになっていたのですぐに店員さんに届け出ました。まさか2ヶ月連続で財布を拾うことになるとは。

今日は完全に魚運からは見放され、財布を拾った瞬間が本日のハイライトでした。

gill-yahoo-mossa.png
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4/23 今日の水郷 [釣行記]

少し遅くなりましたが今シーズン初の愛艇出撃。ボートカバーを開けたら今年もやっぱり猫の毛だらけでした。

220423-1.jpg

シンクスパイダーでフィルターユニットを撃っていくと強烈なバイト!!幸先がいいかと思いきや、キャットフィッシュでした(汗)。

バスを狙うとホゲ確率が大なのでシーバスも積極的に狙っていきます。曇天だったのでハードボトムの護岸沿いでミノーを引くもノーバイト。だいぶ周辺の水田からの水が流入しているようです。

続いて昨年から試している浚渫でのシーバス狙い。ボラの群れが溜まっている外浪逆浦の浚渫があり、シーバスはそこに居るんじゃないかと思っているのです。魚探を掛けると5mより浅い場所にはほとんど魚影が映りませんが7mを超えるとポツポツ映り始め、10~15mと深い場所には底から中層までビッシリと魚影が映っていました。

220423-2.jpg

写真ではわかりにくいかもしれませんが、ボートの周囲はボラだらけ。

こんな釣りは誰もやっていないので上手く結果が出せれば自分だけで釣果を独り占めできる。東京湾ではコノシロの群れにシーバスが着くのだから霞水系だったらボラの群れにシーバスが着いているはず。そう信じて疑わなかったのですが、今日も結果は出ませんでした。居ないのか、居るけれど喰わないだけなのか。まぁ、このパターンで釣れないことはわかりました。

さて実は、今日を最後に愛艇を手放すことにしました。10年ちょっとほど乗りました。本当はもっと乗りたかったのですが、悩んだ末に決断しました。

手放すことに決めた理由は、霞ヶ浦水系のバスが減り過ぎて釣れなくなったから。バスがどんどん減っているという実感は以前からありましたが、今はもう釣りが成立できるレベルではなくなってしまった と思っています。
トーナメントのウェイイン率が2割という事は5回釣行して1尾釣れるという確率と同じことです。確かに周囲の人達に聞いてみると、3回連続~5連続ノーフィッシュという人がザラに居ます。上手い人でそのような確率です。

これだけ魚が減ってしまったのにこれまで通りにトーナメントは開催されているし、また台風などの影響で魚が大量死するかもしれない。バスが復活する要素がなく、今後はますます減ると思います。自分としてもさすがに見切りを付けざるを得なくなりました。悲しいけれど。

自分は現在52歳。この先あと何年バス釣りが楽しめるのかわかりません。怪我や病気などをしなかったとしてもあと10年ちょっとかなと思います。もうそんな僅かな時間しか残されていない。そう考えたら、釣れないフィールドに時間やお金を費やすよりももっと釣れるフィールドで1尾でも多くのバスを釣りたいという気持ちが大きくなりました。まだ行ったことのないフィールドにも足を運んでいきたいという気持ちもあります。

今後、霞ヶ浦水系は流入河川のみに絞り、あとは関東近郊のリザーバーなどに足を運んでいこうと思います。

gill-yahoo-corot.png
nice!(4)  コメント(0) 

壁に耳あり・・・? [日記]

昨日は年に一度の健康診断を受けに行ってきました。

少し早めに到着し、待合室で待機している時のこと。自分が座っている隣に2名の男性が着席しました。少し年配のお二人で、一緒にいらしたらしく会話が弾んでいました。

このご時世故にソーシャルディスタンスということで椅子の間が多少開けてはあるのですが、それでも隣の人達の会話程度は耳に入ってきてしまいます。

どうやらこのお二人、釣り好きのようでところどころに釣り用語や釣り場名などが聞こえてきます。うん、いいですよね釣り。トラウトフィッシングがお好きなのかな。

しかし二人の会話が徐々に専門的になっていくではないですか。ブランド名、そして業界人の名前もポロポロと。そして私はこのお二人の会話を聞いて確信しました。

このお二人、ただの釣り人じゃない。
どう見てもTMC社のお偉いさんだ(汗)。

まさか健康診断の待合室で、隣に座っているオッサンが同業他社の人間だなんて思いませんよねぇそりゃ。このままだと他社の人間が知ってはいけないことまで話してしまいそうな勢い(滝汗)。

いやいや、盗み聞きなんてするつもりはないんですよ!勝手に聞こえてしまうんですもの。でも、このまま黙って話を聞いてしまうのもいかがなものなのか。結果的には盗み聞きしているのと変わらないし、だんだんと罪悪感に苛まれてきました・・・この状況、どうしたものか。

そうだ、M中さん(TMC社でタックル開発をしていた人)に相談をしてみよう!M中さんならばこのお二人の事を知っているだろうし、この状況をどうするべきかアドバイスを乞う事にしました。一旦席を外してM中さんの携帯に電話。

・・・が、こんな緊急時に限って電話に出ない(涙)。マジか~!

昼休憩を挟んで午後。やっぱり近くにいるお二人の会話が聞こえてしまう。もちろん、聞き耳を立てているわけではないんですけれど。

これはもうイカン、意を決して出頭、というわけではなかったですがお二人にお声掛けさせていただき事情を説明。自分がスミスの従業員であること、朝、隣にいたので会話が聞こえてしまっていたことも。

アチャー、というお茶目なリアクションされていました(笑)。

ご挨拶に続いてお話をさせていただいたところ、やはりTMC社のスーパーレジェンドのお二人でした。非常に温厚で、丁寧な対応をしていただきました。なお、TMC社の社外秘にあたるような会話はありませんでしたので念のため。

S田さん、N山さん、驚かせてしまってすみませんでした。でも、老舗メーカーの重鎮の方とこんなかたちでお話が出来るとは自分も驚いてしまいました。まさか健康診断でこんなご縁があるなんて。

どこに同業者がいるかわかったものじゃないですね(笑)。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

秩父漁協管内でバス釣りをされる方々へ・2 [物申す!]

埼玉県の秩父漁協さんでは、昨年から管轄内でバス釣りをする人からも積極的に遊漁料の徴収を進めてきました。具体的に記すと合角ダム、荒川(玉淀より上流部)となります。

210120-1.jpg

リリース禁止の上にバスの駆除までされているのに金まで取るのか?!という意見もごもっとも。でも、その現状を何とか変えていきたいと思うのならば漁協を敵に回したら絶対に無理なのだということを理解してもらいたい。

ちなみに秩父漁協さんがバスアングラーから徴収した遊漁料はワカサギの放流に充てられることになっています。

さて、バスアングラーから遊漁料の徴収が始まって1年が経ちました。果たしてどれほどのバスアングラーが協力してくれたのか、そしてその収益はいくらになったのか。その集計結果が秩父漁協さんのサイトで公表されました。

220417-1.jpg

年券の購入者は70人。正直言うと、秩父漁協さんの年券の購入は写真が必要だったりとバスアングラーには少し煩雑に思える部分があります。それでもなお70人の方が¥5000の年券を購入して下さったことはとても嬉しく思います。

ただ実際のところ、合角ダムで釣りをしているバスアングラーにはまだまだ遊漁証を持たずに釣りをしている人の方が多いと聞いています。知らずに釣りをしているのか、知っていても払う気がないのかはわかりませんが、まだ遊漁券収入の伸び代はあるということです。

バスアングラーからの収益はワカサギ卵の購入に充てられ、合角ダムのワカサギ放流量は前年の倍になりました。ワカサギの生育が順調であれば、来シーズンは今シーズンの倍のワカサギ釣果が得られるかもしれない。ワカサギ釣り客もきっと例年以上に増えることでしょう。

魚が増えれば釣り客が集まり、漁協も地域も潤う。そのサイクルの中にバス釣りがある。ゆくゆくはバス釣りの存在が欠かせないものとなっていく。そのような方向に持っていかなくてはいけない。

1年目、バスアングラーからの遊漁料収益が¥520,000だった秩父漁協。金額としてはまだまだ少ないけれど、これが第一歩です。

gill-yahoo-bandocraw.png
nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4/9 今日の水郷 [釣行記]

1週間前に8バイト5フィッシュと、霞ヶ浦水系の現状を考えると上々の釣果を得た某川に再度出撃。まだまだ魚探を掛けていない、釣りをしていないエリアも広大なのでさらに良い場所があるのではないかと期待度MAXで行ってきました。

が、結果からお伝えすると見事にボウズ。爆風の為に昼上がりしました。

前日の予報では昼から南西4mの風が吹くようでした。ギリギリかな?南岸にベッタリボートを寄せれば何とかなるか?と思いましたが、いずれにせよ午前中のうちに前週に良かったエリアを探って釣果は出しておこうと思いました。

ボートが小さくエレキも12V54lbなので、もし昼からの風が強くなると風下から戻ってくるのはキツくなる。ですのでまだ無風だった午前中のうちに大きく西側に移動をしました。

水温は14~15度と1週間前に比べて一気に上がりましたが、代掻きの水が流入して川は白濁、またこの川にしては珍しく流れが出ていました。そうした悪条件によるものなのか、前週に良かった沈みフィルターユニットでもノーバイト。テナガホッグのベジテーションマットでもノーバイト。

やがて10時を過ぎると風が吹き出し、アッという間に爆風に。こりゃ4mなんてもんじゃないぞ?しかも完全な西風になって川沿いを吹き抜けているので風裏も全くない状況。

220409-1.jpg

バスボートだったらさほど気にはならないのですが、小型艇なのでかなりキツイ風です。エレキのフットペダルから少しでも足を離すと一気に風下に流されてしまう状況でとても釣りになりません。川も時折白波が立つような状況になり、横から波を受けたらちょっと危ないかもと感じたので帰還を決断。

午前中に風上側にいたのが大正解で、追い風に乗ってビュイーンと帰着することが出来ました。もし風下側に居たら大変だっただろうと思います。

この川でエレキ単体で釣りをするなら、12Vエレキはキツイかな?今バスボートに付けているTR82V、外そうかな。

gill-yahoo-bfswimmy.png
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2022年ボーマー新色 [プラドコ]

現在PRADCO社は3ヶ月に1度ウェブカタログを更新しています。そして4月に入り、4~6月版のウェブカタログにアップデートされました。

220405-5.jpg

更新のたび、自分の好きなルアーが廃盤になるんじゃないかと毎回ヒヤヒヤさせられます。そろそろ危ないんじゃないかと心配してしまうのはボーマーのフラットA。今回、大丈夫かな?と思っていたら何と!!

フラットAとディープフラットAに新色が追加されていました!!

220405-1.jpg
220405-2.jpg

新色の6色中クロー系カラー4色も要らんだろ、という気がしないでもないですが、フラットAが見捨てられたアイテムにならなかったようで本当に良かったです。
まだ詳細を知らされていませんが、新色に関してはモデルナンバーがB02FAではなくBMB02FAになっています。画像を見る限りではショートシャンクのブラックニッケルフックが装着されているようです。バランス的に問題なければこれは大歓迎。

でもまさか新色が来るなんて思ってもみませんでしたので、既存色を幾つか箱単位でオーダーしたばかり(汗)。

同じくボーマーのモデルA(04A、05A、06A、07A)にもフラットAと同じカラーが追加ラインナップされていました。

220405-3.jpg

また、日本での人気はいまひとつですが、ファットフリーシャッド系にも新色6色が追加されます。

220405-4.jpg

こちらは色構成がフラットA、モデルAとは異なるものとなっています。あぁ、こっちの色がフラットAにあったら良かったのになぁ。

また、かなりマイナーな存在ですがコーデルのサスペンディングリップリンレッドフィンにも新色が6色ラインナップされていました。

220405-6.jpg

気になるニューカラー、ありましたでしょうか。

gill-yahoo-bfshrimp.png
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -