So-net無料ブログ作成

9/2 テナガホッグで攻める霞水系 [釣果報告]

相変わらず釣りに行きまくりのTさん。9/1、2も連続釣行だそうで(笑)。でも毎回テーマを持ちながら釣りをしているようでとても楽しそう。

まずは9/1、Tさんにしては珍しく日曜日の釣行。印旛水系です。

印旛水系 2019年9月1日(日) 5:00~8:00  天気:晴れ 気温:30℃ 水温:?℃ 風:1~3m 水位:減水 水色:マッディー

 今回も印旛水系で朝の3時間フィッシングですが、日曜日ということもあり人が多くトップで1度ミスバイトがあっただけ。。

 そこで早くも『スパイニークローラー』のネコリグを投入するとやっぱり釣れちゃいます(笑)しかし2本釣れたものの後が続きません・・・

190905-1.jpg
190905-2.jpg

 人が多く常に何人もの人が撃った後を釣っていくうえ、難しい減水中ゆえボートをちょっと岸から離して『イモグラブ50』をジャーク&フォールしてステイをいれているとコン!と当たります!

190905-3.jpg
190905-4.jpg
190905-5.jpg

 ステイからのジャークは完全にリアクションベイトですね!水位が低いと魚が広く散る傾向があるようで、横に動かせるルアーが効く場合も多いようです。

本日 ラージ:40cm以下×6本

イモグラブってクリアーウォーターで使うようなイメージを持っている人もいると思いますが、いかんせんシンプルなカタチをしているものですからアシ撃ちなどでも実はとても使いやすいです。その場合は自重のあるイモ50もしくは60がいいですね。フッキングに関してはイカ系よりも断然いいです。

続いて9/2の霞水系。Tさん曰く苦手意識のあるフィールドらしいのですが、果たして・・・。

霞水系 2019年9月2日(月) 5:00~10:00 天気:晴れ 気温:31℃ 水温:?℃ 風:1~3m 水位:普通 水色:マッディー

 昨日に続き本日も午前中釣行です。今回は苦手なマット撃ちの攻略法をIKE-Pさんが教えてくれたので、この釣りを克服するための修行フィッシングです(^^;でもマットエリアに着く前にちょっと寄り道、バズベイトをキャストするとドバッと出るも空振り・・・今度はクランキングです。って、修行は!?

190905-6.jpg

 そして垂直に近いブレイクで『ペブルSR』を岸と平行に引いているとバイト!45cmのナイスバスでした!シャロークランクはあまり好きではありませんが『ペブルSR』は水郷エリアを知りつくしたIKE-Pさん作だけあってホントしっくりときます!

190905-7.jpg
190905-8.jpg
190905-9.jpg

 続けてすぐにもう1本バラしと1本追加!ここでは7種類のシャロークランクを投げましたが、結局釣れたのは『ペブルSR』だけでした。

190905-10.jpg

 さらに寄り道は続き!?ゲーリーグラブのライトテキサスでミズヒマワリのポケットと水門の壁で2本追加後、やっと本命のマット撃ちにはいります。

 するとマット撃ちを開始して数投目にビッグバイト!『テナガホッグ』にガップリと食らいついたのは48cmのナイスフィッシュでした!これでマット撃ちを続けていくモチベーションも上がりました(笑)

190905-11.jpg
190905-12.jpg
190905-13.jpg

 このマット撃ちのために前日に購入した『テナガホッグ』が早速活躍してくれました!ストレートフックを使ったジカリグです。教えて頂いた釣り方なので自分からは詳細は記しませんが、『テナガホッグ』が大きなキモになっているのは間違いありません。

190905-14.jpg
190905-15.jpg
190905-16.jpg

 初めて『テナガホッグ』を使いましたが、すり抜け、アクション、食い込みの良さはマット撃ちにも最適でした。また意外と耐久性も高く、ストレートフックを使用しましたがズレや千切れはほとんど気になりませんでした。

190905-17.jpg
190905-18.jpg
190905-19.jpg

 その後も同じ釣り方で連発!この釣りマジやべぇ~・・・短時間でこれだけ良型が連発したのには正直衝撃を受けました。教えて頂いたタックルやルアー、釣り方を実践することで今まで自分には釣れなかった魚達を釣ることができましたから!

190905-20.jpg
190905-21.jpg

 今回は苦手なマット撃ちで釣ることができ自分的には大きく進歩できた収穫の多い釣行となりましたが、IKE-Pさんからは『あれだけ教えたのにそれだけしか釣れなかったの!?』とダメ出しを食らいそうです(^^;今回はこれ位で勘弁して下さいm(__)m

本日 ラージ:45up×2本・40cm以下×8本 total 10本

ただでさえ爆釣王のTさん、苦手意識があったというミズヒマワリ攻略にもついに開眼してしまいましたね。これからはこの川でも爆釣しまくりになるんだろうなぁ。

今も昔もミズヒマワリの攻略はテナガホッグ、冗談抜きでこれが一番釣れます。

gill-spiny2.jpg
nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー