So-net無料ブログ作成

8/31 ボトムノックスイマーとクローンクローで狙う東京湾沖提カサゴ [釣果報告]

相変わらず絶好調な東京湾沖提カサゴ。半日コースでも十分楽しめてしまうのがこの釣りです。
先週の土曜日、前日に戸面原ダムに行っていたために疲れ切っていて早起きは無理(汗)。体力に余裕があったら昼から行こうかな、なんて思っていましたがこの日の夕方は潮位が高く堤防が波を被りそうとのこと。そんなわけで自分は行かずにいたのですが、S野さんは朝~昼までの午前コースで楽しんできたようです。この日は潮が澄んでいたり潮止まりの時間を挟んだりと一筋縄ではいかなかったようですが、それはそれで攻略のし甲斐がありそうですね。

またまたライトロックゲームに行ってきました。
自分でも「よく飽きないな」と思うのですが、行く度に次に試したいことができるので全然飽きません笑

190903-1.jpg
190903-2.jpg
190903-3.jpg
190903-4.jpg
190903-5.jpg
190903-6.jpg
190903-7.jpg
↑今回大活躍したのはSWカラーのピンクイワシ。水の透明度が高いデイゲームでしたので〈グロー〉は不要だったみたいです。

ワームの方がハードルアーより釣れるとは単純には言えないと思います。
しかし経験上、魚の活性の低いときには、ワームの匂いと味の効果が絶大なことがあります。
今回もハードルアーでアタリが減ったときに、フォーミュラ入りのワームを投入したらアタリが増えました。

190903-8.jpg
190903-9.jpg
190903-10.jpg
190903-11.jpg
↑渋い時間帯にはクローンクロー。3gジグヘッドと合わせました。匂いと味のアシストはときに絶大な効果があります。

S野さんはボトムノックスイマーのテールフックにワームバケを使用していますが、根掛かり減少、フッキング率アップという効果を感じるそうです。簡単に出来ますし、いいことづくしのチューニングですね。これを真似することは簡単ですが、自分はこれとは違う方法を模索してみたいところ。

クローンクローはメーカー在庫が完売して自分も入手できずに困っているところですが9月中旬に再入荷予定なので、自分が使う分くらいは何とか入手したいものですねぇ。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー