So-net無料ブログ作成

8/25 チョイ古スミスルアーで攻める印旛水系 [釣果報告]

自分はルアー開発が本業ですが、釣れるルアーが必ずしも売れるルアーになるとは限らないというのが頭の痛いところです。流行り廃りも当然あるし、宣伝にどれだけ力を入れるかにもよるでしょう。釣れるルアーなのにその良さが知られないまま消えていくルアーというのも沢山あります。

そしてバス釣りの世界は新製品ばかりが注目されるようになってしまいました。釣れるルアーであってもロングセラーにするのは難しい。発売後10年経っても生産が続いていたらそれは大したものです。私が開発を手掛けたシャロークランク「ペブルSR」は10年販売しましたがさすがに今ではカタログ落ちとなっています。今でも全然釣れるルアーだと思いますけどね。

そんなスミスのチョイ古ルアーを使ってTさんが印旛水系にチャレンジしてきてくれました。

印旛水系 2019年8月25日(日) 天気:晴れ 気温:26℃ 水温:?℃ 風:1~2m 水位:減水 水色:マッディー

 今回は朝の数時間釣行だったのと、減水していたのでアシ際からブレイクまでを手早く探るためにハードベイトメインの釣りをしてみました。

 スタートは4枚ペラの『アイアンフォースバズ1/8oz』で連発!過去に最も多くバスを釣ったバズで昔々のルアーですが、現在においても全然通用するバズですね!

190901-1.jpg
190901-2.jpg

 バズサウンドが効いているようだったのでワッパープロッパーを入れるとこれでもヒット!

190901-3.jpg

 日差しが強くなってからは『コロットSR』に切り替えましたが出ないので、もうちょっと潜る『ペブルSR』に換えるとヒット!やはりアシ際につきたいけど水深が浅くてつけない魚が岸から少し離れたところにいるようです。

190901-4.jpg
190901-5.jpg

 今回は3時間程の釣りでしたが、スミスさんのチョイ古ルアー!?で楽しむことができました(笑)流行にとらわれず、いつの時代でも釣れるルアー作りをしているスミスさんのルアーは信頼して使えますね!

本日 ラージ:40cm以下×5本

前回の朝マヅメはどういうわけか釣れなかったそうですが、今回は朝マヅメらしくハードルアーで良い感じに釣れたようですね。

バズベイトのアイアンフォースも今でもしっかり釣れています。最近はトリプルブレードや4枚羽根のバズベイトは市場からすっかり消えてしまいましたが、この手のバズベイトは浮力も高くゆっくり引けるので釣れると自分も思っています。ビルノーマンのトリプルウイングなんて凄く人気がありましたよね。
ただ、空気抵抗が大きくて投げにくいのは事実。その点Tさんはしっかりとトレーラーワームを装着して自重を持たせてあるのがさすがです。バズベイトはトレーラーを付けた方が断然投げやすく、スローリトリーブするにも扱いやすくなります。

デジタルデバイスや電化製品、車などは新しい方が性能がいいのは当たり前。釣り具でいうとリールはそれに該当します。でもルアーはどうでしょう?必ずしも新しいルアーの方が優れているとは限らないのが面白いところです。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー