SSブログ

テナガワッキーで54cm! [釣果報告]

これはデカイ!と思える釣果報告が入ってきました。アングラーはスミスサポートプロであるJBの稲葉丈晴プロ。サイズは54cm。これが琵琶湖だったら別に驚きませんが、埼玉~都内を流れる某川だというから驚き。おそらく某川のマックスサイズであるのは間違いないでしょう。

101125-1.jpg

ヒットルアーはテナガホッグなのですが稲葉プロの場合は使い方が少し特殊で、ネイルシンカーをインサートしたワッキーリグで釣ったそうです。

ホッグタイプのワームをワッキーリグで使う人はほとんどいないと思いますが、稲葉プロは私の知る限りかなり昔からこのリグを使っています。以前はよくパワーホッグのワッキーリグを使っていました。もちろんそのリグを使い、私の目の前でもしっかりと魚を釣っていたので、へぇ~と感心した事があります。というのは、その沈下姿勢とアームの抵抗によってワームが斜め方向にスライドフォールをするのです。見方によってはエビがピョーンと跳ねるような感じにも見えました。

テナガホッグを開発するにあたっては、さすがにワッキーリグでの使用は想定していませんが、触角部分のデザインはスライドフォールを妨げないストレート形状です。普通のホッグタイプがカーリータイプの触角を持っているのに対し、テナガホッグはそこが違う。ですのでテナガホッグのワッキーリグも、大いにアリだと思います。

ちなみに、さすがにこの日はかなり状況が厳しかったようなのですが、そんな中でも体力のある大型の個体が口を使ったようです。だいぶ水温が落ちてきた今の時期だからこそ、皆さんにもこんな大物が釣れるかもしれませんよ!

gill-spinyax.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。